一般社団法人ホワイトハンズ        




 
【射精介助】自力での射精行為が困難な男性重度身体障害者の方へ



 一般社団法人ホワイトハンズでは、自力での射精行為が困難な、脳性まひ・神経難病・筋疾患等の
 男性重度身体障害者のための「射精介助」の普及活動を行っております。


Q1.障がいのため、自力での射精行為ができず、困っています!

A:射精介助ガイドラインをご活用ください。


 ホワイトハンズでは、射精介助の技法と理論、実施データをまとめた「射精介助ガイドライン」を発行しております。

 

 介助の方法や注意点を、どなたにでも実施できるように、分かりやすく解説しております。
 本ガイドラインをご購入の上、介助者・支援者・職員の方にお渡しして、適切な介助を依頼してください。


Q2.周囲に、「障がい者の性」に理解のある介助者や支援者、職員がいない!

A:「障がい者の性」基礎研修にご参加ください。


 ホワイトハンズでは、全国各地で、「障がい者の性」問題への理解と基礎知識を身につけるための研修
 =「障がい者の性」基礎研修を開催しております。テキストの解説や、参加者間でのディスカッションを通して、
 現場における「障がい者の性」との向き合い方を学びます。

  

 「障がい者の性」に対する理解を広めるため、ぜひ、介助者・支援者・職員の方々をお誘いあわせの上、「障がい者の性」基礎研修にご参加ください。


Q3.ガイドラインを周囲の介助者に渡したが、介助を行ってくれる人がいない!

A:射精介助サービスをご利用ください。


 ご自宅に、ケアスタッフを派遣いたします(訪問可能地域等の条件あり) ⇒射精介助サービスのご利用依頼はこちらからどうぞ




 HOME | お問い合わせ | 講演・講義依頼 | 会員募集 | 求人情報 | 代表ブログ | メールマガジン | Facebook | Twitter | サイトマップ | English

 Copyright 2008-2014 (C) 一般社団法人ホワイトハンズ  All right reserved.