TOP > 2014@渋谷・壱


 <セックスワーク・サミット2014@渋谷・壱>

 
テーマ:「ぼくらが性を買う理由 〜性風俗・買春にお金を払う『名前の無い男たち』のリアル〜」




 

●開催日時 
2014年7月13日(日) 13時15分〜17時00分 

●会場・・・東京都渋谷区

●ゲスト・・・工藤隆男さん(『東京トップレス』主宰)

●取材協力・・・鈴木大介さん(ルポライター、『援デリの少女たち』『出会い系のシングルマザー』著者)

●定員・・・
40


 今回のサミットの開催趣旨


 セックスワークの世界の「真の主役」である、「買う男」の心理と論理を可視化し、その背景にある問題を明らかにする。



 性風俗や売春の世界は、一般的には「女性が、自分の裸を男性に売る」世界だと考えられている。

 しかし、その実態は、「男性が、女性の裸を、男性に売る」世界であり、売るのも買うのも男性である。

 それにもかかわらず、性風俗や売春が社会的に問題化される際に、「主役」である男性側にスポットライトが当たることは非常に少ない。


 性産業で働く女性に対しては、好奇心に基づく根掘り葉掘りの動機探しや、道徳観念に基づくバッシングなどの社会的制裁が浴びせられるが、

 性産業を利用する男性に対しては、ほとんど焦点が当てられていない。

 昔から指摘されていることだが、こうした状況は、今に至るまでほとんど変化していない。


 この世界では、男たちは、名前の無い匿名の存在、透明な存在なのだ。

 名前の無い存在であるがゆえに、セックスワークの世界において、男性の存在はそもそも問題化されないか、

 あるいは「搾取する側」「加害者」といった、分かりやすい批判対象として単純化されるのみに留まってきた。

 今必要なことは、こうした「匿名化の罠」や「単純化の罠」に陥ることなく、買い手としての彼らの心理と論理、

 それぞれのリアルを見つめ、その背景に隠されている問題点を、一つずつ可視化していくことだろう。


 今回のサミットでは、セックスワークの世界の真の「主役」である、「買う男」に焦点をあてる。

 性産業を利用する男性の世界に造詣の深いゲストをお招きして、性を買う「名前の無い男たち」のリアルを分析し、

 そこから、セックスワークの社会化を実現するための処方箋を見出したい。



 お招きするゲスト・取材協力者の紹介

◆ゲスト:工藤隆男(くどう・たかお)さん

 巨乳風俗サイト『東京トップレス』主宰。巨乳評論家。

 インターネット黎明期の1995年、国内初のアダルトサイト『東京トップレス』を立ち上げる。
 性風俗の世界には、「買う男」=客としての立場で約30年間、「客を呼ぶ男」=風俗サイト運営者としての立場で
 約20年間にわたり関わっている。全国各地の風俗街、海外の風俗事情に造詣が深い。


◆取材協力:鈴木大介(すずき・だいすけ)さん

 地下世界取材13年のルポライター。犯罪者の加害者取材を軸に「犯罪現場の貧困問題」をルポし続ける取材記者。

 著書に『家のない少女たち』、『援デリの少女たち』(宝島社)、『家のない少年たち』(太田出版)、
 『出会い系のシングルマザーたち』(朝日新聞出版)など。モーニングで漫画『ギャングース』ストーリー共同制作を担当。

*会場にて、鈴木さんへのインタビュー資料を配布いたします。鈴木さんご本人の登壇はありません。

        

     


●参考記事:鈴木大介×荻上チキ対談「絶望を減らす作業をしよう――」 

僕たちが見た“売春”の現在 【鈴木大介×荻上チキ】(2012年12月13日)

「望まない売春」を減らすことはできるか?【鈴木大介×荻上チキ】vol.2(2012年12月16日)

売春する女性が「同情されない」ゆえの困難 【鈴木大介×荻上チキ】vol.3(2012年12月19日)

少女たちは幸せを求めている 『援デリの少女たち』著者・鈴木大介氏インタビュー(2013年6月12日)



 当日のタイムスケジュール予定

 13時00分 開場

 13時15分 開始〜挨拶・・・一般社団法人ホワイトハンズ代表理事・坂爪真吾(約5分間)

◆第1部:ぼくらがフーゾクに行く理由 〜風俗を利用する男の心理と論理〜

 工藤隆男さん×司会・主宰のディスカッション(約50分:13時25分〜14時15分)

<性風俗を利用する男性客、買春をする男性のリアル>

 ・男が風俗を利用し始めるきっかけは?利用するのをやめるきっかけは?
 ・男が風俗に求めているものは?(年齢別・世代別・業態別・地域別に)
 ・性病に対する意識、自衛策はあるか?
 ・この30年間で、風俗を利用する男性の意識はどう変わったか?
 ・風俗を利用すると恋愛ができなくなる?それとも、恋愛ができないから風俗を利用するのか?
 ・海外に女性を買いに行く男性の心理・・・etc

<総論>

 ・なぜ、男性は、性を売り買いする(せざるをえない)のか?その背景には、どのような心理と論理、そして社会問題があるのか?
 ・男性が、風俗を利用することで「得られるもの」と「失うもの」とは?
 ・男性が、罪悪感や虚無感を感じずに、楽しく風俗を利用できるようになるために必要な条件とは?・・・etc


◆第2部:彼らが未成年を買う理由 〜児童買春をする男の心理と論理〜

 鈴木大介さんへのインタビュー報告(約30分:14時25分〜15時05分)


◆第3部:ゲストと会場との質疑応答(約60分:15時15分〜16時15分)

 ゲストの感想、終了の挨拶(司会)&次回予告(〜16時50分)



 参加者の感想




















 
「買う男」がテーマということで、刺激的な発言が飛び交い、参加者の意見もかなり賛否の分かれる回になりましたが、

 今回のサミットをきっかけに、「買う側の心理と論理」が、単純化・矮小化されることなく、

 きちんと議論のテーブルにのるようになれば幸いです。

 参加者の皆様、ゲストの工藤さん、取材協力の鈴木さん、ありがとうございました!


 ⇒セックスワーク・サミット TOPに戻る

 Copyright 2008-2014 (C) 一般社団法人ホワイトハンズ  All right reserved.